特定疾病療養費 通称:マル長(チョウ)

制度の概要

慢性腎不全、血友病など治療期間が長く、高額な治療の継続が必要な特定の疾患に対し、医療費を助成する制度です。血漿分画製剤を投与している血友病A・血友病Bの患者の、血友病に係る医療の自己負担が軽減されます。

対象者

血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第Ⅷ因子障害(血友病A)および先天性血液凝固第Ⅸ因子障害(血友病B)の患者(年齢問わず)。

自己負担

月額1万円。

申請窓口

制度を利用するには、加入している健康保険に申請が必要です。
※組合によっては、職場経由で申請をするよう取り決められている場合があります。
※健康保険に加入されていない場合には、対象になりません。

申請時に必要なもの

申請書(健康保険組合によって異なります)
医師が記載する項目がありますので、医師に記載してもらったうえで提出しましょう。

使用できる医療機関

全国どこでも保険診療可能な医療機関なら。
※健康保険の仕組みなので、健康保険を変更する場合には、その都度、新規申請が必要になります。