血友病用語集

アルブミン(Albumin)

アルブミン(Albumin)とは

アルブミンは血液中に最も多く存在するたん白です。アルブミンは医薬品として大量出血によるショックややけどなどの血液中のたん白が不足した時に用いられています。現在販売されている血漿由来のVIII因子製剤の安定化剤として、また、遺伝子組換え血液凝固VIII因子製剤の製造工程や最終製剤の安定化剤として使用されています。

「アルブミン(Albumin)」に関する関連記事を検索

その他の「ア行」のキーワード

その他の「A」のキーワード

よく見られているキーワード