血友病の治療法 予備的補充療法

予備的投与(予備的補充療法)

出血する可能性のある行動をするとき(体育の授業、遠足、スポーツ、旅行など)あらかじめ輸注を行い出血を防止します。

予備的投与は、種々の活動によって起きる出血を回避することで、行動内容、行動範囲を大きく拡大することが目的です。

凝固因子の投与量

【定期投与】

  • 血友病A:体重1kgあたり25〜40単位 週3回
  • 血友病B:体重1kgあたり25〜40単位 週2回

【予備的投与】

  • 血友病A:体重1kgあたり20〜40単位
  • 血友病B:体重1kgあたり20〜40単位

参考:
血友病基礎講座(兵庫医科大学 日笠 聡)(バクスター)