血友病の症状〜皮下出血

皮下出血【目次】


皮下の構造

皮下の構造

血友病は関節以外にも筋肉や皮下に出血します。
人間の体は皮膚の内側に皮下組織と呼ばれる部分があります。
皮下組織の内側には筋膜に包まれた筋肉があり、その内側に骨があります。
血管や神経は筋肉と筋肉の隙間や筋肉と骨の隙間にあります。

皮下出血

皮下出血

皮膚の下に皮下組織があり、太るとここに脂肪が付きます。
皮下出血はここに出血したものです。皮下に出血して血のかたまり(血腫【けっしゅ】)ができると皮膚が盛り上がって、こぶができたようになります。

最初は赤紫色ですが、時間が経つと青黒くなり、最後には消えます。

皮膚は比較的柔らかいので伸び縮みし、その下の組織をあまり抑えつけません。このため皮下の出血だけではそれほど痛みはありません。

青あざの所を押さえるとすごく痛いことがありますが、その場合は皮膚の下の筋肉も傷んでいることが多いです。

原則製剤投与は不要ですが、大きな血腫・顔面の血腫の場合には、輸注が必要になります。

初回投与量の目安は、血友病Aの方は体重×10〜20単位、血友病Bの方は体重×20〜40単位です。

連続投与量の目安も、血友病Aの方は体重×10〜20単位、血友病Bの方は体重×20〜40単位で、症状に応じて1日〜3日継続します。

参考:
血友病基礎講座(兵庫医科大学 日笠 聡)(バクスター)

出血時補充療法一覧はこちら