血友病患者さんのためのトラベルガイド海外編

このページを印刷する
血液製剤を使用する方本人のみが海外旅行等で出国する際に血液製剤を携帯する場合は、承認を受ける必要はありません。(家族は該当しません。)
また、海外で個人的に使用するための血液製剤を、国際郵便等により海外に送付する場合も承認を受ける必要がありません。(家族が送付する場合も、承認は不要です。)

血友病患者さんのためのトラベルガイド海外編【目次】


事前準備

  • 1.主治医に渡航することを相談しましょう。
    • 渡航内容
    • 証明書※1
    • 渡航期間
    • 必要な製剤の数※2
    • 渡航先に血友病医療施設があるか※3
  • 2.旅行代理店、またはご自身で確認しましょう。
    • 宿泊先で製剤を保管できる冷蔵庫の設置状況
    • 海外医療保険など
  • 3.航空会社や旅行代理店に確認しましょう。
    • 関節の状態により、航空会社によっては希望の座席に変更してもらえる場合があります。
  • 4.その他

※1
海外へ医薬品を持ち出すには、医師の証明書が必要な場合があります。また、渡航先での緊急時には医師の証明書があると便利です。(『海外旅行用 医師の証明書』)。

血液製剤を使用する方本人のみが海外旅行等で出国する際に血液製剤を携帯する場合は、承認を受ける必要はありません。(家族は該当しません。)
また、海外で個人的に使用するための血液製剤を、国際郵便等により海外に送付する場合も承認を受ける必要がありません。(家族が送付する場合も、承認は不要です。)

※2
渡航先では、使用中の製剤がない場合や、製剤が非常に高額な場合があり、十分な量を処方してもらえないことがあります。

※3
海外の血友病医療施設については、WFH(世界血友病連合)のホームページで検索できます。余裕があれば、渡航前に渡航先の国にある血友病医療施設にコンタクトを取り、お使いの製剤があるかどうか、また医療費についてなど調べるとよいでしょう。

渡航先の地域名(国名や都市名等)をアルファベットで入力し検索。

海外の医療施設ガイド(WFHホームページ内)

WFH:World Federation of Hemophilia
(ホームページ:http://www.wfh.org/

海外旅行用チェックリスト

海外旅行に必要な所持品リストをダウンロード・印刷することができます。

チェック項目リスト

チェックリスト

製剤
製剤を入れるかばん【保冷バック】と保冷剤
輸注セット
注射器や針を棄てるための廃棄箱
駆血帯
医師の証明書(詳細は下の欄をご覧ください。)
輸注記録表
旅行保険の手続き・確認書
渡航先の血友病医療施設(センター)の住所、電話番号など

海外旅行用チェックリストPDF

あると便利な医師の証明書(渡航用)

渡航の際は、血友病患者であること、製剤を持参していることを証明する書類があると便利です。書類がない場合には、出入国に時間がかかったり、正しい治療を受けられないなどの可能性があります。
以下に、簡易テンプレートと記入サンプルを提供しています。
必ず主治医に記入、署名してもらって下さい。


医師の証明書PDF

日本出国時、航空保安検査などに利用する申告用証明書。


医師の証明書PDF【英語版】

海外空港の航空保安検査時、利用する申告用証明書。


医師の証明書PDF【英語版】

海外で受診時、血友病患者であることを示す患者証明書