血友病のお子さんのスポーツと運動

血友病のお子さんには定期的な運動は大切です。運動を通して子どもは筋力を強め、それによって関節を保護して出血を減らすことができます。お子さんはバランスも取れるようになりますしスタミナもつきます。スポーツはお子さんの心身の発育に欠かせません。子どもは皆好かれることを欲し、また友達が欲しいものです。スポーツをすることはこれらの目標に巡り会う最適な手段です。その上、スポーツはお子さんに達成感とプライドを与えてくれます。
スポーツを選ぶ時、どの程度お子さんの体を傷つける可能性があるか見きわめてください。どの関節や筋肉を使うのか、どのくらい身体の接触があるのか?接触があればあるほど出血の可能性は高くなります。すべての出血を防ぐことはできませんが、けが、特に頭への衝撃の可能性の低いスポーツを選ぶのが賢明です。

スポーツや運動をする時には…

  • ヨチヨチ歩きの赤ちゃんや未就学のお子さんはキャッチボールをしたり、ブランコに乗ったり、駆け回ったりできます。ジャングルジムや滑り台は大人がそばにいる限り大丈夫です。
  • 水泳は血友病の人々に最適なスポーツの一つです。関節に負荷を加えずに安全に筋肉を鍛えることができます。水の中でパシャパシャさせて、お子さんがまだ小さいうちに水に慣れさせましょう。大きくなって泳ぐことを覚えたら、スイミングクラブに入ることを勧めましょう。
  • 主治医とともに、年齢に合ったスポーツと活動の利点とリスクについてより理解を深めるよう努めてください。

参考:
お子さんが血友病と診断されたご家族のために(小林正夫)(バクスター)