武田薬品工業株式会社

血友病の情報サイト

ヘモフィリアステーション

出血ゼロ制限ゼロを目指して

鼻出血〜出血時補充療法(出血の種類と初期投与量)

鼻出血

鼻出血

鼻出血の症状:鼻血
幼児期はもともと鼻出血が多い。外傷、発熱、睡眠不足、感染、炎症、指ほじりが原因となる。
圧迫のみで止血できることが多い。輸注をしても止血できない場合は耳鼻科的処置が必要になる。

通常は製剤投与不要

局所処置・トラネキサム酸投与で止血しない場合
初回投与量の目安:
体重×10〜20単位(血友病A)
体重×20〜40単位(血友病B)
連続投与量の目安:
体重×10〜20単位(血友病A)
体重×20〜40単位(血友病B)
症状に応じて1日〜3日

子供の頃は血友病であってもなくても、誰でも鼻血が出やすいものです。

鼻出血は鼻の奥の方から出ることは少なく、指の届く範囲から出血することが多いので、鼻をつまんで圧迫するだけで止めることもできます。

圧迫で止血が不十分な場合、トラネキサム酸の内服で止血できる場合もありますが、それでも止まらない時は輸注をします。

初回投与量の目安は、血友病Aの方は体重×10〜20単位、血友病Bの方は体重×20〜40単位です。

連続投与量の目安も、血友病Aの方は体重×10〜20単位、血友病Bの方は体重×20〜40単位で、症状に応じて1日〜3日継続します。

輸注をしても止まらない時は、耳鼻科で原因の検索と止血処置をしてもらう必要があります。

参考:
血友病基礎講座(兵庫医科大学 日笠 聡)

出血時補充療法一覧はこちら

PAGE
TOP