アドベイト製品情報

血友病A 遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子製剤 アドベイト静注用 250 500 1000 2000

アドベイトとは

販売名 アドベイト
静注用250
アドベイト
静注用500
アドベイト
静注用1000
アドベイト
静注用1500
アドベイト
静注用2000
ADVATE
Antihemophilic Factor(Recombinant),
Plasma/Albumin-Free Method※
一般名 ルリオクトコグ アルファ(遺伝子組換え)
rurioctocog alfa(genetical recombination)
含有量
(1バイアル中)
250
国際単位
500
国際単位
1000
国際単位
1500
国際単位
2000
国際単位

※Plasma/Albumin-Free Method(プラズマ/アルブミン フリー製法):製造工程中にプラズマ:血漿(血液から、赤血球、白血球、血小板を取り除いた成分)やアルブミン(血液を構成するタンパク質の一つ)などを使用していない製法

この薬の効果は?

この薬は、遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子製剤と呼ばれるグループに属する注射薬です。

この薬は、血液中に欠乏している血液を固める役割のあるタンパク質(血液凝固第VIII因子)を補うことにより、血が止まりにくくなっている状態を改善します。

次の目的で処方されます。
血液凝固第VIII因子欠乏患者に対し、血漿中の血液凝固第VIII因子を補い、その出血傾向を抑制する。

この薬は、医療機関において、適切な在宅自己注射教育を受けた患者さんまたは家族の方は、自己注射できます。自己判断で使用を中止したり、量を加減せず、医師の指示に従ってください。

安全性について

特にご注意いただきたい重大な副作用と、主な自覚症状を記載しました。副作用であれば、いくつかの症状が同じような時期にあらわれることが一般的です。このような場合には、ただちに医師または薬剤師に相談してください。

重大な副作用 主な自覚症状
アナフィラキシー様症状
(アナフィラキシーようしょうじょう)
しゃがれ声、眼と口唇のまわりのはれ、じんましん、判断力の低下、動悸(どうき)、息切れ、息苦しい、からだがだるい、考えがまとまらない、ほてり、意識の低下、ふらつき

以上の自覚症状を、副作用のあらわれる部位別に並び替えると次のとおりです。
これらの症状に気づいたら、重大な副作用の表をご覧ください。

部位 自覚症状
全身 からだがだるい、ふらつき
頭部 考えがまとまらない、意識の低下
顔面 ほてり
眼と口唇のまわりのはれ
口や喉 しゃがれ声、眼と口唇のまわりのはれ
胸部 動悸(どうき)、息切れ、息苦しい
皮膚 じんましん
その他 判断力の低下

この薬の形は?

販売名 アドベイト静注用250 アドベイト静注用500
性状 溶解前は白色の凍結乾燥品であり、添付の溶解液で溶解したあとは無色の透き通った液体となる。
含有量 250国際単位 500国際単位
容器の形状 アドベイト静注用250 アドベイト静注用500
添付の溶剤 注射用水 5mL 注射用水 5mL
販売名 アドベイト静注用1000 アドベイト静注用1500
性状 溶解前は白色の凍結乾燥品であり、添付の溶解液で溶解したあとは無色の透き通った液体となる。
含有量 1000国際単位 1500国際単位
容器の形状 アドベイト静注用1000 アドベイト静注用1500
添付の溶剤 注射用水 5mL 注射用水 5mL
販売名 アドベイト静注用2000
性状 溶解前は白色の凍結乾燥品であり、添付の溶解液で溶解したあとは無色の透き通った液体となる。
含有量 2000国際単位
容器の形状 アドベイト静注用2000
添付の溶剤 注射用水 5mL

この薬に含まれているのは?

有効成分 ルリオクトコグ アルファ(遺伝子組換え)
添加物 D-マンニトール、塩化ナトリウム、トレハロース、L-ヒスチジン、トロメタモール、塩化カルシウム水和物、ポリソルベート80、グルタチオン、塩酸、水酸化ナトリウム
添付溶解液 注射用水

さらに詳しい情報として、「医薬品医療機器情報提供ホームページ」(http://www.pmda.go.jp/)に添付文書情報が掲載されています。