医療費控除

医療費控除

1年間(1月1日〜12月31日)に支払った医療費は、税務署に届け出ることで、税金控除の対象となります。
控除額は、1年間の医療費から医療保険・生命保険・損害賠償などによって支払われた金額を差し引いた金額のうち10万円以上、200万円までです。ただし、その年の所得金額の合計が200万円未満の人は、その年の所得の5%までとなります。

対象となる医療費

医療費控除の対象となるものは以下のとおりです。

  • 医療機関の窓口で支払った金額(後で払い戻されてくる分は除く)
  • 薬局などで買った医薬品
  • 病院などに行くためにかかった交通費
  • 治療に関するあんま、針、マッサージなどの料金
  • 往診してもらった場合の往診費、交通費など
  • ねたきりの方のオムツ代(医師の証明が必要です)
  • ストマ装具代(医師の証明が必要です)
  • 入院中の部屋代や食事代など
  • 介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額
  • その他、税務署の担当職員が必要と認めてくれたもの

出典:制度のてびき—血友病および類縁疾患の方へ—
監修:兵庫医科大学病院 医療社会福祉部 伊賀 陽子 先生