身体障害者手帳

身体障害者手帳

社会参加のために

身体障害者手帳とは

次の機能のいずれかに障害があり、身体障害者福祉法に定められた障害認定基準を満たす人に交付される手帳です。
この手帳は、さまざまな障害者福祉サービスを利用する際に必要となります。
血友病・類縁疾患そのものが障害として認定されるわけではありませんが、血友病性関節症などのいずれかに該当すれば、申請できることがあります。

  • 視覚障害
  • 聴覚または平衡機能障害
  • 音声・言語またはそしゃく機能障害
  • 肢体障害
  • 内部障害(心臓・腎臓・呼吸器・膀胱または直腸・小腸・肝臓の各機能障害)
  • 免疫機能障害

受けられるサービスとは

自治体によってことなりますが、おおむね以下のとおりです。

  • 医療費助成(等級や所得の制限があります)
  • 補装具、日常生活用具の交付(障害の種類によって交付されるものが決められています)
  • 税金の控除
  • 運賃の割引(交通手段によって、割引率や割引方法がことなります)
  • 駐車禁止除外ステッカーの交付(障害部位や等級の条件があります)
  • 介護などのサービス など

その他にも多くの制度がありますので、詳細はもよりの市区町村窓口にお問い合わせください。

申請

決められた書類を住民票のある地域を管轄する市区町村に提出します。
必要な書類はおおむね以下のとおりです。

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 診断書
  • 写真(上半身・脱帽・4cm×3cmのもの)

出典:制度のてびき—血友病および類縁疾患の方へ—
監修:兵庫医科大学病院 医療社会福祉部 伊賀 陽子 先生