Topics
血友病患者も入れる保険はありますか?

「ファイン」編集部宛 Q.「ファイン」で取り上げてほしいテーマはなんですか? 保険に関すること(血液疾患があると入れないことの方が多いが加入できる保険もあると聞いたので…)
 「ファイン」編集部に保険に関するお問い合わせのお便りをいただきました(右)。持病のある人は保険の加入が難しいという話を聞きますが、実際のところどうなのでしょう…。そこで、血友病患者さんも加入できる保険商品や血友病と保険について、生命保険の代理店を務めていらっしゃる道山芳和さんにお話を伺いました。

監修:生命保険代理店 道山芳和事務所 道山 芳和さん


―血友病患者さんも加入できるという保険商品ができたと伺いました。

道山 元来、生命保険の加入対象は健康な人です。しかし、医学の進歩により血友病患者さんも健康な人同様に働いたり、結婚したりと人生を歩む中で、保険加入を考える機会が増えたと思います。にもかかわらず、持病があるというだけで保険加入を断られるという状況を理不尽に感じていました。
 そこで、各医療関係者ご協力の下、持病のある人も加入申請できる商品の開発を保険会社に提案し、その要望に理解を示す会社が出て参りました。

―それはどのような商品でしょうか。

道山 持病・既往症がある方のための保険商品で、この商品の加入申請に必要な条件は、以下の3項目(表)に該当しないことです。数多くの条件を満たす必要がある一般的な生命保険に比べ、本商品は大幅に引受基準を緩和しているといえます。
 保険の加入において重要な点は、健康状態などについて正しい告知をする「告知義務」を果たすことです。保険に加入したいがために持病を隠して申請することを考える方もいるかもしれませんが、契約後、保険金または給付金を請求する際、保険会社は加入時の告知内容に相違がないか、過去の入院・通院歴等を調査します。その結果、告知書が事実と相違していることが明らかにされた場合、告知義務違反に当たり、契約が解除され保険金が支払われないこともあるのです。
 このような事態を避けるために、持病のある方でも加入しやすい、告知項目を軽減させた「告知緩和型」の本商品が開発されました。下記の3項目に該当しない場合に加入の申し込みが可能です。

血友病患者さんも加入できる可能性がある保険

―保険加入を希望する血友病患者さんにとって可能性が開けましたね。

道山 重要な点は、下記3項目に該当しなければ保険に加入できるということではないという点です。
 血友病と一口に言っても、患者さんによって、年齢、病状、就業状況など状況はさまざまです。このため、加入に当たっては私のような「保険募集人」との一対一での面談が必須です。個々の患者さんの健康状態について十分に把握する必要があるため、加入までに時間を要し、結果的に加入できないと判断される場合もあることを忘れないでください。
 本商品は血友病の患者さんも加入できる保険、ではなく血友病の患者さんも加入できる可能性がある保険といったほうが適切でしょう。
 また、特定の疾病を有するなどのリスクを抱える人たちをあらかじめ選別して積極的に保険の募集業務(営業)を行うことは、保険業法に抵触する可能性があります。ですので、医療機関からの紹介でのみ患者さんとお会いしています。

―募集人は患者さんが血友病であるという前提で面談することになるのでしょうか?

道山 その通りです。募集人は血友病についてよく理解している必要があります。そのうえで加入の可否を判断するのですが、保険会社および募集人の利益とは切り離して、患者さんにとって最良の判断およびアドバイスができる募集人に担当してもらう事が大切だと思います。
 私は前職で医療機器関連の仕事をしており、疾病についてある程度の専門知識をもっていました。血友病に関しては、医療関係者から講義を受け、また患者会やサマーキャンプに参加するなどして知識を深めました。
 そうした背景をもつ私からいえることは、本商品は、必ず加入できるとは言えませんが、保険加入を考えている血友病患者さんにとっては検討する価値があるのではないかということです。
 一方で、ご本人が被保険者にならなくても、配偶者やお子さんを被保険者とするなど、検討できることはたくさんあるということも知っておいていただきたいと思います。

本商品の詳細やその他保険に関するご意見・ご質問などございましたら、以下にお問い合わせください。
生命保険代理店 道山芳和事務所 道山 芳和 apmichiyama@kdt.biglobe.ne.jp

表 持病・既往歴がある方のために開発された保険商品の告知項目

このページの先頭へ