賢い患者学
〜コミュニケーション力を磨いて、賢い患者になりましょう〜
第2回 賢い患者とは? その2

目次

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 理事長
山口育子さん

■PROFILE
山口育子さんプロフィール

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML
Consumer Organization for Medicine & Law
医療を消費者の目で捉えようと、1990年9月に活動をスタートした市民中心のグループ。
患者と医療者が対話と交流の中から、互いに気づき合い、歩み寄ることのできる関係づくりを目指し、電話相談や「患者と医療者のコミュニケーション講座」など、様々な活動を行っています。http://www.coml.gr.jp/

はじめに

前回お話しした賢い患者の5つの定義を覚えていますか?(下記参照)。今回は、このうち「思いを言葉にして伝えること」「医療者とのコミュニケーションと協働を大切にすること」「一人で悩まないこと」についてお伝えします。

賢い患者の5つの定義
(1)病気を自覚すること
(2)自分はどんな医療を受けたいか考えること
(3)思いを言葉にして伝えること
(4)医療者とのコミュニケーションと協働を大切にすること
(5)一人で悩まないこと


賢い患者学〜コミュニケーション力を磨いて、賢い患者になりましょう〜第1回 賢い患者とは? その1

思いを言葉にして伝える

  前回は、「自分はどんな医療を受けたいか」について考えることの大切さをお話ししました。セカンドオピニオンを訪ねるなど、いろいろ意見や説明を聞き、「こうしよう」と決めたら、今度はそれを言葉にして医療者に伝えることが必要になります。黙っていても伝わりませんから「こういう理由でこの治療法を選ぼうと思います」など、言葉にしていきましょう。一度言ったから、絶対それをやらなくてはならないということはなく、途中で変えてもいいのです。まずは今の考えを医療者に伝えていくことが大切です。

医療者とのコミュニケーションと協働が重要

 治療が始まったら、医療者とコミュニケーションを取りながら、協働することを心がけます。「協働」という言葉には、同じ目的に向かって、役割の違う者がお互いを補い合うという意味があります。血友病は自己管理が求められる病気です。患者が積極的に治療に参加し、医療者と協働し、努力や注意、工夫を行っていくことで初めて治療効果が期待できるのです。

一人で悩まず、相談できる人を見つけること

 病気はなりたくてなるものではなく、突然降りかかってくるものですから、戸惑ったり、悩んだりするのは当然です。どんな時も決して一人では悩まないで、相談できる人を探してください。医療者でもいいですし、私たちのような電話相談を行っているところもあります。
 一人で考えていると八方塞がりになってしまいます。誰かに話を聞いてもらっているうちに、気持ちが落ち着いてきて、何が不安だったか、何で落ち込んでいたのかに気づけるようになります。私も電話でお話させていただくと、最初は深く落ち込んだり、感情的になっていた方が、気持ちを吐き出すことによって、最後は声の感じが変わってくることに気づきます。誰かに話をするということは本当に大切なことなのです。
 前回と今回で、賢い患者の定義を5つお話ししました。これは一度に全部実行しなくてはならないということでも、1回行ったからいいということでもありません。「今回はこうしてみよう」ということを繰り返しながら、より成熟した賢い患者を目指していただければと思います。

次回は、「子ども時代から賢い患者を目指すことの大切さについて」がテーマです。

このページの先頭へ