冊子「Friends」

【体験談】血友病のいろんな「職場・仕事」〜はじめに

はじめに

悩んでいるのは自分だけじゃない

荻窪病院 血液科 カウンセラー

小島 賢一

学校を卒業すれば、いよいよ社会に巣立つとき。昔は足の関節などが不自由だったり、何かにつけて痛みが出たりして、職業を考えるのにもたくさんの制約がありました。
今日ではお薬も良くなって、皆さんもあらゆる職業についていらっしゃいます。
しかし、専門的な知識・技術を学ぶ過程や就職活動の中、そして就職後、本当に困ったことはないのでしょうか?
今回、さまざまな仕事についている方々に就職活動や職業体験を語っていただきました。ソーシャルワーカーさんには、就職に関して関係のある健康保険の問題をコラムに取り上げていただきました。また、平成22年度の「血液凝固異常症のQOLに関する研究」の結果から見えてきたことを追記しました。就職や転職を考えている方、いろいろな実体験がありますよ。参考になれば幸いです。

2011年12月

参考:
Friends「仕事に行こう」編(小島賢一)(バクスター)